CLUB ZAGATO GIAPPONE

CLUB ZAGATO GIAPPONE 2018

13.11.18

イベントまであと2週間ですよ!

BLOG ブログ

1384667246844.jpg
全国のZAGATOファンの皆様こんにちは。
最近は毎週末に全国のあちらこちらでヒストリックカーのイベントが開催されていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
ZAGATOの車もあちらこちらで活躍してますね。特にイベントとかじゃなくても、休日の都内で旧いZAGATOを見かける事もたまにあり、ちょっとドキッとしてしまいます。

さて、そんなイベントシーズンの毎年最後を締めくくっている?ZAGATOミーティングも2週間後に迫ってきました。
皆様、お車の準備は万端でしょうか?今週末には必ずエンジンを一度かけてみてくださいませ。そしてできれば少し走ってみる事をお勧めします。
都内近郊の皆様は、今週の土曜日の勤労感謝の日(11月23日)に汐留イタリア街にて"コッパデ東京"が開催されますので、見学に行くっていうのもアリかと思いますがいかがでしょうか?
多分今年も沢山のZAGATOを始めとするヒストリックカーが、東京でも指折りの素敵な広場に集結しています。見学もしやすいイベントですので、ご予定の無い方は是非足を運んでみてください。汐留イタリア街には、ランチができる気軽なお店も沢山ありますので、ランチがてら見学ってのももちろんオススメです。きっと得した気分になりますよ!


さて、今回はZAGATOイベントに参加していただく皆さんにお配りする毎回楽しみなお土産のご紹介と、当日お店をご出店いただくカーイラストレイターの大内さんのご紹介です。

まず、タイトル写真を良くご覧ください。この可愛いミニトートバッグが今年のお土産です。
可愛いですね。水色もいい味出してます。毎回の事ながら参加される方に限定でお配りするオリジナルのお土産ですので、沢山作ってません。って事はプレミアム感バッチリって事です。ただでさえZAGATO関連の雑貨は殆どありませんが、その中でもプレミアム中のプレミアと言っても過言ではありません。
もちろんミニトートバッグですので、お買い物の時に使うとか、ワンちゃんののお散歩バッグや、お弁当等を入れるランチバッグにしても良いですね。気の利いた雑貨を入れて、ガレージのディスプレイとしても活躍してくれそうです。僕はブースターケーブルとか懐中電灯等ちょっと大きめな車載工具を入れて、トランク内で使おうと考えてますが、いかがでしょうか?
あっ、それともちろん写真に写っている雑貨とかビバンダム人形はスタッフ私物ですので、お土産には含まれません。どうしても写真に映っているスタッフ私物が欲しいと言う方は、直接交渉してくださいませ。


1460140_550505125038598_2048502391_n.jpgそして、カーイラストレーター界の巨匠、大内誠さんのご紹介です。
大内さんは、カーイラストの中でも、最も緻密なテクニカルイラストレーターを生業とされていらっしゃる、ご自身も相当なエンスーな方です。
テクニカルイラストと言っても色々あるかと思いますが、大内さんの描くイラストは車の透視図がメインです。車のボディーが透けていて、エンジンだとか足回りだとかが緻密に描かれているアレです。この透視図ってかなり車の構造の事を解っていないと描く事はできませんし、かなりのデッザン力と根気強さを持ち合わせていないとまず描く事ができません。
それにプラスして、どこをどう切り取ってみせる買って言う、センスが重要なのです。完成した絵なんかを見せていただくと、もうただただ頭の下がる思いです。


TORINO_64.jpgそんな大内さんが、今回のイベント参加の皆さんの為に、オリジナルのカレンダーやご自身がお書きになったイラストプリントを販売していただける事になりました。なかなか目にする事も無い貴重な機会だと思いますので、皆様是非チェックをお忘れなく。


============================
4701004300-l02.jpg


●大内誠
1949年茨城県水戸市生まれ。法政大学工学部卒業後、自動車評論家の星島浩氏に師事。モーターマガジン誌オートスコープ欄に自動車透視図を連載する。 1979年にドイツ・ミュンヘン市在住のテクニカル・イラストレーターの巨匠であるH.シュレンツイッヒ氏に師事。1年半の自費留学の後日本に戻り、富士 重工業、ヤマハ発動機など各社のテクニカル・イラストを手掛けると共に、車のロマンを追い求める作品も多数製作。クルマ趣味も深く'70年代にモンテ・ウ イナーのミニクーパーSとランチア・フルヴィア・クーペ・ラリー1.6HFを製作し、大きな話題となり各誌で紹介された。

pagetop

13.10.29

ZAGATO meets LANCIA 締め切り迫る!

BLOG ブログ

012_large.JPGのサムネール画像
全国のZAGATOファンの皆様こんにちは。
カーグラフィックの初代編集長、そしてZAGATOファンの大先輩、小林彰太郎さんが永眠されました。
僕もそうですが、小林さんのジュリエッタSZやDB4ZAGATOを紙面で垣間見て、ZAGATOと言うイタリアのカロッツェリアの事を知り、その魅力にすっかりハマってしまったZAGATOファンの方も多いのではないかと思います。小林さんのSZはいつも憧れでした。。。

心よりご冥福をお祈り致します。そして、本当にありがとうございました。


さて、今年のZAGATOミーティング"ZAGATO meets LANCIA"の参加申し込みはお済みでしょうか?
10月31日(木)必着が締め切りです!
まだ、参加申し込みを事務局の方に送っていない方は、本当に急いでくださいませ。


また、前回のブログでご紹介した"デザイントレンド大田"と"トリコローレ"の模様を、当クラブのmouさんがレポートしてくれましたので、ご紹介させていただきます。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

●10月12日(土) デザイントレンド大田

56_detail.jpg大田区産業振興協会から、我がCLUB ZAGATO GIAPPONEへクルマの出展依頼があり、
協力させていただきました。
デザイントレンド大田とは、大田区の中小企業が今後発展するために何が必要か
という主旨であり、決してクルマのイベントではありません(笑)。
9_detail.jpgイベント会場となった大田産業プラザ。その1階のホールにクルマを展示しました。
普通、クルマのイベントというと青空の下にクルマを展示しているのですが、
天井があるイベントは初めて。この日は10月だというのに気温が30℃まで上がり、真夏のようでした。

ホールにクルマを展示ということは、空調があるということで、中は涼しくとても快適なイベントとなりました。
これならば、真夏でも問題なしですね。

さて、我がCLUB ZAGATO GIAPPONEが出展した車達は、

アストンマーチン V8 ヴァンテージ ザガート
アルファロメオ RZ
アルファロメオ SZ2
アルファロメオ Jr.Z
アルファロメオ 4R ザガート
ランチア フルビア スポーツ
フィアット アバルト 750 GT ザガート

という錚々たるメンバーです。

10:00からはカーデザインの草分け的存在であるドイツ・オペル社元チーフデザイナー児玉氏。海外でのデザイン経験の長い青戸氏の御二方とカーデザイナーである原田氏が休憩なく3時間以上に渡って、デザインとは何か、売れるものを作るには何が必要かを講演をして頂きました。自分の本職にも役に立つとても良い話を聞くことが出来ました。

ホールの状況は、イベントの主旨にあっているかどうか分かりませんが(笑)、カーマニアが、展示されているホンダ N360、オペルの各車両、そしてザガートのクルマ達をいろいろな角度から眺め、写真を撮り、クルマ談義にと盛り上がりました。
大田区の町工場からダブルバブルの製品が出てきたら、このイベントの影響ですね。

22_large-1.jpg16_large.jpg
10_large.jpg19_SZ2large.jpg


●10月13日(日) 富士トリコローレ2013

007_large.JPGこのイベントは、スタッフとして毎年参加していて、6時30分に現地集合。
睡眠時間は3時間。家を4時に出発し、6時過ぎに会場に到着。
会場となる富士カームの芝生には、チンクエチェント博物館館長 深津氏のデロリアン DMC-12が
佇んでいるいるのが実に良い絵である。1_large.jpg
早速私のジュニア・ザガートを会場に入れて、クラッシク500とツーショット。
午前中は、来場したエントラントの誘導係りとして入り口でいろいろなクルマ達を拝見いたしました。

フェラーリ、ランボルギーニ、マゼラティ、ランチア、アルファロメオ、フィアット、アウトビアンキ・・・
もちろんザガートも。
集まったクルマ達は総勢250台ほど。ショップ毎に、オーナーズクラブ毎に、気の合う仲間達、個人など形式はそれぞれですが、皆さんクルマ談義で楽しそうでした。

今回目を引いた3台です。
フェラーリ 330と365BB、そしてランチア フルヴィア・ベルリーナ。
素晴らしいコンディションでした。
フルヴィア・ベルリーナのオーナーさんと話しましたが、12月1日の私達のイベントにも参加していただけるそうです。7_large.jpg

22_large.jpgモータージャーナリストの嶋田氏と武田氏のトークショー、ミキカズコさんのミニライブもあり、
トリコローレの楽しみに一つです。


最後は、ビンゴ大会。今回は我がクラブからCLUB ZAGATO特製Tシャツ4枚、
昨年の記念品であるCLUB ZAGATO特製手拭い6枚を提供させていただきました。


まだまだ、秋のクルマイベントはあります。
皆さん、名車、迷車を見にイベントに参加いたしましょう。


レポート mou

pagetop

13.10.08

今週末は"デザイントレンド大田"にZAGATOが集結

BLOG ブログ

photo_01.jpgphoto_02.jpgphoto_03.jpg

全国のZAGATOファンの皆様こんにちは。
すでに今年のCLUB ZAGATO GIAPPONEのイベント"ZAGATO meets LANCIA"のイベントまで、2ヶ月を切りました。2ヶ月ってあっという間ですから油断しないでくださいませ。
イベントの参加申し込みの締め切りは、10月31日必着となっておりますのでよろしくお願い致します。
毎年、期限ギリギリの駆け込み申し込みが恒例になっておりますが、今年は果たして車が集まるのだろうか。。。と胃がキリキリして仕方がありませんので、どうかお早めの参加表明をお願い致します。
今の所、僕の天気予報では当日の12月1日は"曇り時々晴れ"となっておりますので、ご安心ください。

イベントのお話を延々続けたい所ですが、おっとその前に今週末に開かれますイベントのご紹介をさせてください。


●デザイントレンド大田

今週末の10月12日(土)に東京都大田区の大田区産業プラザPIOにて、デザイントレンド大田というイベントが開催されます。
あまり細かな情報が入ってきていないのですが、世界で大活躍する日本人自動車デザイナーの児玉英雄氏、青戸務氏、原田則彦氏を招いたトークショーが予定されています。ちなみにトークショーの時間は10時から13時までの予定になっています。
むむっ!原田則彦氏?マニアな皆さんならすでにお解りかと思いますが、原田さんはZAGATOのチーフスタイリストを1994年から務めていらっしゃいます。個人的には、原田さんが最初の頃にデザインされていたランボルギーニのコンセプトモデルがカッコ良かった思い出があります。
原田さんのお話が聞けるチャンスなんて滅多にありません。僕もまだご本人に会った事も当然ありませんので、どんなお話が聞けるのか非常に楽しみにしております。これはもうZAGATOファンを自称する皆さんは、行かなくちゃ!
オペルのデザイナー、児玉英雄さんのお話も凄く楽しみですね!その昔、NAVIの見開きページに児玉さんのイラスト(レンダリング)が毎号掲載されていて、それが凄く楽しみでした。その中でも児玉さんが書き下ろしたES30SZのレンダリングのページ、凄くカッコ良くて、今でも大切に保管してあります。
また、会場にはZAGATOデザインの車も沢山展示される予定になっておりますので、それを見に行くだけでも価値あるイベントだと思います。お時間がある方は是非とも足を運んでみてください。ZAGATOの展示車両は下記の通りです。全部で11台!こんなにたくさんのZAGATOが集結するのは、去年のZAGATOミーティング以来ですね、たぶん。その他のメイクスの展示車両に付いては、オフィシャルウエブサイトをご確認ください。

•ASTON MARTIN V8 VANTAGE ZAGATO
•ALFA ROMEO GIULIETTA SZ
•ALFA ROMEO GIULIETTA SZ2
•ALFA ROMEO R.Z
•ALFA ROMEO Jr.Z
•ALFA ROMEO 4R ZAGATO
•LANCIA FULVIA Sport ZAGATO
•FIAT ABARTH 750 GT ZAGATO
•ZETA 6
•LANCIA HYENA ZAGATO

あれ?なぜかZAGATOの車の展示が一番多くないですか?
それは、CLUB ZAGATO GIAPPONEが車両展示のご協力をさせていただいているからなのですよ!!

●デザイントレンド大田
日時:平成25年10月12日(土)10:00〜17:00(トークショーは10:00〜13:00)
場所:大田区産業プラザ(PiO)
   東京都大田区南蒲田1−20−20

WEB:http://www.pio-ota.jp/news/event/post_459.html

pagetop

13.10.04

"ZAGATO meets LANCIA"イベントのご案内

BLOG ブログ

HP_ROGO.jpg
全国のZAGATOファンの皆様こんにちは。
前回のブログアップから、もうすでに2ヶ月が経ってしまいます。。。ZAGATOブログのアップ、頑張ろうと思っていたのにこのザマですから、時が経つのは本当に速いですね。
その間に、東京でオリンピック開催決定とか、消費税8%に決定とか、"倍返しだ!"のやり手銀行員の出向が決定したとか、最近生まれた僕の長男の名前が"颯人(ハヤト)"に決定とか(全く関係ないですね、済みません。。。)、いろいろとありました。

でも、12月1日はZAGATOミーティングって言うのは、そのずっと前から決定済みでした!そこんとこ第一優先で、よろしくお願い致します。
別にじらしていた訳ではありませんが、やっと詳細のご案内が出来る事になりました。
前にもご報告した通り、今年のZAGATOミーティングは、ランチアクラブさんとの共同開催になりますので、2度美味しいイベントになります。そこんとこもよろしくお願い致します。

ちょっと修正があるかもしれませんが、出来立てホヤホヤの"イベント開催のご案内"(画像をクリックすると大きくなります)と、舘会長のご挨拶を載せておきますので、隅から隅までしっかりと読んでくださいませ。
また、イベントの内容(果たして今年は内容はあるのか?)とか、注意事項等は追って次のブログにてご案内させていただきます。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

親愛なるCLUB ZAGATO GIAPPONEの皆様へ

ご無沙汰しております。暑い夏もようやく終わりを告げたようです。

最近、過ごし安い陽気となり、ホッと一息ついております。

私はエアコンがない2600SZにも、フルヴィア スポルトにも暫くご無沙汰しておりましたが、これでやっと乗る気になります。特に今年の東京の暑さと来たら、まさに炎熱地獄でした。

私はやっぱり夏が嫌いです。嗚呼、冬が待ち遠しい。

毎年、涼しくなると日本各地でカーイベントが盛んになります。当然、我がクラブのイベント準備も本格

化いたします。お待ちどうさまでした。今年も12月最初の日曜日の予定を空けてありますか? 

今回で4回目のCLUB ZAGATO GIAPPONE MEETINGは12月1日開催です。

場所は富士の裾野です。

勘の鋭い方は『裾野』この一言でピンと来たかもしれません。なんとテイジン富士教育研修所で毎年のように行われているLANCIA LUNCHと初のジョイントをいたします。

その名も‟ZAGATO meets LANCIA"です。テーマは『フルヴィア50周年』です。当クラブ的にはフルヴィア スポルトがテーマカーに該当いたします。どうぞフルヴィア スポルトオーナーの方々はお誘いあわせの上ご参加ください。

昨年に引き続き今回も芝生が舞台です。

色とりどりのザガートカーを並べ、クルマ談義に花を添えましょう。

毎年暮れの12月に、1年のおおとりを飾るカーイベントはやっぱりZAGATOです。頭文字が‟Z"ですからね。当然といえば当然なのです。なんせそこにコダワリがあるもので悪しからず。寒い時期かもしれませんが、寒さなんて吹き飛ばしましょう。今から万全なご準備をお願いします。

ただクルマを並べるだけではなく、メタセコイアの並木道をパレードランする企画も検討中です。

緑の芝生をザガートとランチアで埋め尽くそうゼーット! 

嗚呼、本当に冬が待ち遠しい。

  

平成25年10月吉日

クラブ・ザガート・ジャポネ 第2代会長  舘 英実

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

pagetop

13.08.09

ZAGATO meets LANCIA 12月1日(日)開催決定!

BLOG ブログ

DSC_2649.jpg

全国のZAGATOファンの皆様こんにちは。
カナダのRMオークションで、トヨタ200GTの落札価格が1億円を超えた!ってニュースが話題になりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
なんだか、はなから生産台数の少ないZAGATO車の価格も、何時跳ね上がってもおかしくない状況になってきましたので、購入予定のある方はお早めにお願い致します。消費税の増税も控えてますしね。
先日とある車屋さんで、AR1900SSZを5000万円で!なんて言う、僕にはもう笑うしか無い会話が漏れ聞こえてきました。。。家を買うか車を買うか迷う時代になりましたね!


●ZAGATO meets LANCIA Club Zagato & Lancia Lunch 2013

ランチアランチ.jpgさて、今回はようやく今年のZAGATOイベントのお知らせが出来る事になりました。
何と今年は、ランチアクラブジャパンさん主催の"Lancia Lunch"との共同開催で決定です!
12月1日(日)に帝人株式会社富士教育研究所にて開催致します。あのメタセコイヤの並木が非常にフォトジェニックなあの場所です。もちろん展示スペースは芝の上です。メタセコイヤ並木の下で写真を撮ると、凄く車がカッコ良く見えるんです!是非皆様も思い出の一枚を撮影してください。今回掲載した様な素敵な写真が撮れますよ!

ランチアとZAGATOの関係は意外と深く、1920年代のラムダにもZAGATOのボディーがあったそうです。でも我々になじみがあるのは、アッピアとかフラミニアのZAGATOからですね!そしてフルヴィアZAGATO。今年はフルヴィア50周年の年なのだそうです。多分たくさんのフルヴィアが集まるのではないでしょうか?
当クラブにも会長を始め、何台ものフルヴィアZAGATOがいますし、フラミニアZAGATO、アッピアZAGATO等のランチアZAGATOにお乗りの方には1回で2度美味しいイベントとなっておりますよ!

んっオレ、ランチアのZAGATOなんだけど、ランチアランチとZAGATOミーティングどっちに参加したらいいの?って迷ってらっしゃる方の為に、実行委員に質問をぶつけましたが、どっちでも同じだそうですのでご安心を!
ランチアランチの方がお昼ごはんが美味しいとか、ZAGATOミーティングの方がお土産が豪華だとかって言うのはありません。同じです!ZAGATOタクシーもやるんですかねぇ?
しか~し、昨年20周年イベントを終えた百戦錬磨のランチアクラブの皆様と比べて、毎回反省の日々を送っている我々ZAGATOクラブは、運営やホスピタリティーでは大きく劣ってますので、注意が必要です。あらかじめご了承くださいませ。まっ、ランチアクラブジャパンの皆様におんぶに抱っこ状態になるんですかねぇ~。邪魔にならないように気を付けよっと!

ランチアクラブジャパンの皆様、何卒よろしくお願いいたします。

ランチアランチ2.jpgランチアランチとの共同開催と言っても、もちろんZAGATOミーティングは多種多様なメーカー、国籍の車が集まる事で有名です。有名と言っても僕の近辺だけかもしれませんが。なので例年通りランチア以外のメイクスのZAGATOの皆様も是非たくさん参加していただきたい所存でございます。沢山のジュニアZとかES30とか、日本のZAGATOデザインの皆様にお会いできる事を、スタッフ一同楽しみにしております。
ランチアの皆さんに、ZAGATOのパワーを見せつけようじゃありませんか!

今後もイベントの詳細等、決まり次第随時このブログで報告させていただきますので、たまにはチェックしてみてくださいね!

pagetop

13.07.31

MASERATI BROTHERS - OSCAへと託した、マセラティ兄弟の見果てぬ夢

BLOG ブログ

DM_MaseratiBro_.jpg
全国のZAGATOファンの皆様、こんにちは。
何だかいきなり夏がやってきて、旧い車に乗る気が起きませんね。熱い日の炎天下に車を放置すると、特に旧い車はプラスチック等が溶けますので皆さん注意してください。なるべく日陰でお願いします。
まだ日程も発表されていないのであれですが、今年のZAGATOイベントまであと半年を切りました。当たり前ですね、もう8月ですからね。もちろん今年もZAGATOイベントを開催致します!詳細がかなり決まってきました。イベントの詳細は次回のこのブログで発表させていただきます。次回っていつ?


1013909_664722536875593_1192151697_n.jpgさて現在、名古屋のアウトガレリア"ルーチェ"では"MASERATI BROTHERS - OACAへと託した、マセラティ兄弟の見果てぬ夢"と題し、オスカ展を開催しています。
アウトガレリア"ルーチェ"さんは、一昨年"ZAGATO CODATRONCA"展を開催していたので、足を運んだZAGATOファンの方も多いのではないでしょうか?当ブログでもその時の模様をご紹介させていただきましたが、ZAGATOファンにはたまらない、内容の非常に濃い展示でしたね!

http://zagatoclub.jp/blog/index_3.html

しかし今回はオスカ展。このブログを見ている様な世間的にはちょっとオタクな皆さんは、オスカって何?なんて事は無いかと思いますが、簡単に言うとオスカって言うメーカーはマセラティーの創始者であるマセラティー兄弟が、マセラティーを離れた後に作ったレーシングカーのメイクスです。元のマセラティーでは思うようにレーシングカーを作り続けられなくなったマセラティー兄弟が、純粋にレーシングカーを作る為に新しく作ったメーカーなのです。ですので、当たり前ですがそこから生まれた車はどれもがレーシーで"かっけー!"って感じです。同じ時代のバルケッタには素敵じゃないデザインも沢山あるのに、なんでオスカのバルケッタはどれも素敵なんでしょうか?また是非機会ああればエンジンをご覧いただきたいのですが、僕的にはオスカのツインカムエンジンは、世界で一番カッコいいデザインなのではないかと思います。乗った事が無いので性能は解りませんが、エンジンのデザインだけでもシビレますね!
マセラティーからオスカ誕生までの経緯とか、詳しい事に関しては下記のウエブサイトをご覧くださいませ。

http://www.luce-nagoya.jp/Top.html


1011152_664725766875270_20043383_n.jpgZAGATOとは関係ないじゃん!って声が聞こえてきそうですが、大アリなんですね、これが!
CLUB ZAGATO GIAPPONEのハンドルネーム、その名もOSCAさんが"OSCA 1600GTS ZAGATO"を展示されているのです。皆さんご存知かと思いますが、OSCAにもちゃんとZAGATOデザインの車があるんです!
OSCAさんの今やアイコンにもなっている"OSCA 1600GTS ZAGATO"って言う車は、もう強烈にコーダトロンカ前のZAGATOのイメージそのものな感じのデザインです。OSCA 1600 GTにはフィッソーレとかヴィニャーレ等のボディーもありますが、ZAGATOオールアルミのボディーは、他のメイクスよりも軽量だったと思いますし、中でも一番スポーツカー的なデザインで素敵でございます。屋根はちゃんダブルバブルですし、ショートノーズでショートデッキなデザインは、同じ時代のFIAT 8V ZAGATOとか、MASERATI A6G ZAGATO等と共通のボディーラインですね。以前のブログでも紹介したFerrari 250 GT ZagatoやAston Martin DB4 GT ZAGATO等とも共通項が散見できます。中でもOSCA 1600GTS ZAGATOが一番ZAGATOらしい押し出しの強さというか、アクの強いデザインだと思います。皆様いかがでしょうか?

で、OSCAさんのお車をイベントで見た方も多いかと思いますが、出来立てホヤホヤの吊るしの状態ではありません。凄くカッコ良くレーシーな感じにモディファイしてあります。ゼッケンサークルにセンスの良い貴重なステッカー、そしてカッコいいフォグランプ、ヘッドランプカバー、タルボットのサイドミラー、使い込まれた佇まい。どれもこれも素敵すぎます!本業でマニアックな車のアクセサリーとかを取り扱っているOSCAさんのお車は、同じくレーシーモディファイが好きな僕のお手本です。いつも勉強させていただいております。自分の車にOSCAさんの真似をしてタルボットのミラーを付けたくて、探しまわって入手した事を白状させていただきます!


382493_664722863542227_48336036_n.jpgそんなOSCAさんのカッコいい"OSCA 1600GTS ZAGATO"を是非見に行ってくださいませ。もちろんZAGATO以外のオスカも"かっけー!"でございます。ちなみに当クラブ員のN.Kさんも"OSCA S-187 750"のバルケッタを展示されてます。是非お確かめください。9月1日(日)までやってます。

pagetop

13.07.22

ZAGATOデザインのポルシェ

BLOG ブログ

lead.jpg
全国のZAGATOファンの皆様こんにちは。
別に何もしておりませんが、選挙も終わって何だか脱力感がハンパ無い感じですが、いかがお過ごしでしょうか?
お小遣いは全然増えないのに、輸入パーツの価格がうなぎ上りで財布に大きなダメージを受けておりますので、何とかならない物かと思ってます。おっと!済みません、この様な難しい政治的発言は控えさせていただきます。

さて、本日はZAGATOネタを一つ。僕のお友達から情報をいただきましたので、是非ご紹介させてください。
こんなZAGATO知ってますか?

●Storez Porsche Zagato

storez-start-570-1.jpg有名なカレラアバルト以前に、ZAGATOデザインのポルシェがあったのです。
んっ、カレラアバルトはZAGATOデザインなのか?フランコ•スカリオーネ氏のデザインと認識していたのですが、製造はZAGATOだったのか。。。カレラアバルトが61年式、その頃アバルトはZAGATOと揉めて、自社デザインの車をZAGATOではない他のカロッツェリアに作らせていたはず。。。カレラアバルトとZAGATOは関係があったのか。。。ボディーにZマークはないし。でもZAGATOの香りがプンプンします。。。そんな事を考えていると夜も眠れませんので、どうでもよい事にしておきます。詳しい方がいらっしゃいましたら、事務局までご一報願います。

Zagato-Porsche-356.jpgで、トップの写真をよーく見てください。このポルシェにはZマークが付いてます。なんだかお顔の表情がレコルトモンツァっぽくて可愛いですね。リアにテールフィンがありますが、写真のアバルト750スパイダーZAGATO的な感じもします。まぎれも無くZAGATOデザインですね。でも何となくポルシェ。
しかしこの可愛いポルシェ、フランス人のStorezさんが当時ZAGATOにポルシェ356を持ち込んで作ってもらったワンオフモデルで、現車はレース中にクラッシュしてしまい現存はしないとの事です。
ワークスの550スパイダーを買うのではなくて、356スピードスターをZAGATOに持ち込んでレースに出る。粋な事をするフランス人のStorezさんですね!やっぱり、他のポルシェをブッチギっていたんでしょうねぇ。

ちょっとこの話、ジュリエッタスプリントをぶつけたお客さんがZAGATOに持ち込んでSVZになり、それの活躍ぶりを見たアルファロメオがSZをカタログモデルにしたって言う、あの有名な話に似ている様な気がします。この車を見て、ポルシェがカレラアバルトを作ったのかもしれませんね。僕の勝手な想像ですが。

 Fiat Abarth  750 GT Spyder Zagato.jpgabarth 1957 750_zagato_spider.jpgそして現在のZAGATOで当時の写真からCGを駆使して見事、レプリカが作られたそうです。シルバーのカラー写真の物がそれです。レプリカと言ってもZAGATOで作った物をZAGATOが2台目を作った訳ですから、2号車と言う事になるのかもしれません。ZAGATOにお願いすれば3号車も作ってくれるそうですよ。どなたかいかがですか?

こんなポルシェなら僕も欲しいですが、ミックスジュースみたいなののお陰で、ユーロが高くて。。。おっとスミマセン。


※今回の記事の元ネタ

http://www.velocetoday.com/storez-porsche-zagato/

pagetop

13.07.01

1957 Ferrari 250 GT Zagato

BLOG ブログ

c31fe00021.jpg
全国のZAGATOファンの皆様、大変ご無沙汰しております。
先日とある方々から、このブログの更新を楽しみにしているよ!なんて言う、社交辞令と言う名のプレッシャーをいただきましたので、頑張って更新させていただきます。
もっと頻繁に更新したい所ですが、話題が無いんですね。。。是非ともZAGATOに関する話題のご提供をお願い致します。近所のおっちゃんが最近ZAGATOを手に入れた!とか、是非オレのZAGATOを取材してくれ!とか、町で見かけたZAGATOとかで充分です。是非写真付きでお願い致します。

そろそろ"今年のZAGATOイベントはどうなってんねん!"って、なぜか関西弁でちらほら聞こえてきてますが、もちろん今年もZAGATOイベントは開催されますよ。現在ZAGATOクラブの幹部の方々が、お酒を飲みながら真剣に話し合っております。やっぱり開催は12月の様ですので、皆様そろそろ準備を初めてくださいませ。レストアをご予定の方はもう時間がありませんので、イベント終了後にお願い致します。オールペンぐらいでしたらまだまだ間に合いますので、今週末にでも最寄りの板金屋さんで打合せをしてくださいませ。
イベントの詳細については、また次回のブログにでもアップさせていただきますので、今しばらくお待ちください。


570015b9f1.jpgさて、イギリスのDK Engeineeringと言う、セレブの方々御用達の有名な車屋さんから、珍しいZAGATOが売りに出されていますのでご紹介させていただきます。しかしこのお店、扱っている車がッパないですね!やっぱりお客さんはラルフローレンさんだったりするのでしょうか?
今回ご紹介するお車は口にするもの恐れ多い、フェラーリです。もちろんここで紹介するぐらいですから、ZAGATOですよ!正式名称は"Ferrari 250 GT Zagato"って言うのだそうです。フェラーリのZAGATOって大変珍しいですね。
勝手に掲載してます(不都合があれば、すぐに消去させていただきます)が、まずは写真をよーくご覧ください。フェラーリなのにちゃんとZAGATOしてます。ZAGATOなのにちゃんとフェラーリしてるとも言えますが、フェラーリのZAGATOなのか、ZAGATOのフェラーリなのか考えると夜も眠れませんので、ホドホドに。。。

07b1d0eac0.jpg28c4f76744.jpg

フェラーリの品格も残しつつ、ダブルバブルですし、リアウインドウの切り欠き方なんてまさにZAGATOそのものです。リアのテールレンズ辺りのエッジにもらしい癖があります。顔は何となくフィアット8V ZAGATOに似てない事も無いのですが、でもちゃんとフェラーリですね。インテリアも豪華で素敵でキラキラしていて目眩がしそうですが、シートなんてしっかりZAGATOしてますね。
この車、間違いなくどこから見てもZAGATOですし、どこから見てもフェラーリです。
濃紺とシルバーの2トーンカラーも素敵です。素敵!って言葉はZAGATOに似つかわしくないのかもしれませんが、皆さんの溜め息が聞こえてきそうです。
僕も今時のフェラーリには全く興味がありませんし(決して強がりではありません。。。)、旧いフェラーリは価格的に興味の対象外ですが、今回このフェラーリに僕が個人的に好きなフェラーリNo.1の名誉ある称号を与えたいと思います。

3a51e5344e.jpgしかし、値段は出ていませんが、3億円ぐらいで買えるのでしょうか?残念ながら、ちょっと僕のお小遣いでは残高が足りませんねぇ。。。
しかし3億円ってことは1円玉3億個ってことで、1円玉1枚の厚みが1ミリだとして積み上げると3億ミリ、3億ミリってことはキロに直すと3000キロになるんですねぇ。。。3000キロって絶対積み上げれませんけど、距離で言ったらミッレミリアで走る距離の約2倍って言えば解りやすいでしょうか?そんなにたくさんの1円玉がこの世の中にあるのかなぁ。。。んまっ、どうでも良い事なんですけど。
今年の流行語大賞の有力候補でもある"アベノミクス"って言う、訳の解らない、残念ながら僕には全く関係のない経済政策で"億り人"になった方々!お値段問い合わせてみてはいかがでしょうか?
今から輸入の手配をすれば、12月のZAGATOミーティングに十分間に合いますからね。そこで発表会を行うなんて事も企画させていただきます!その際には必ず事前にご連絡をお願い致します。

スタッフ一同、大歓迎でお待ちしております!

pagetop

13.03.18

Junior ZAGATO Register主催のショートツーリング&バーベキュー

BLOG ブログ

11_large.jpg
全国のZAGATOファンの皆様こんにちは。
東京ではすっかり桜が咲き始めておりますが、いかがお過ごしでしょうか?
TPPへの参加が我々旧車乗りに取って、どんなメリット、デメリットがあるのか全く解りませんが、注意深く見守っていきたいと思っております。ガソリン価格以外あまり関係ないのでしょうかね?

さて、昨日Junior ZAGATO Register主催のショートツーリング&バーベキューが静岡の三島で開催されました。
僕は最近、ガレージに籠りっぱなしの仙人の様な生活を送っており、ついうっかり参加できませんでした(済みません)ので、壮大な富士山のバックのもと、当クラブの会計担当のmouさんよりレポートしていただきます。
とっても美味しそうなイベントだったのに、行けなくてチョ〜残念!

●2013年 Junior ZAGATO Register主催ショートツーリング&BBQ大会

19_large.jpg3月17日 8時に三島のとある場所に集合と会長から号令がかかり、
集まったJunior ZAGATOは、1300が3台、1600が4台。
それとAlfaRomeo 1600 GTA、147、Lotus Elite等など錚々たるクルマ達が集まりました。

8時30分頃から三島を出発し、聖地箱根をショートツーリング開始。
芦ノ湖スカイライン、芦ノ湖、大観山ドライブインなど7台のJunior ZAGATOがつなれて走る姿は、
普段では絶対見られない素晴らしい風景。後方から見ていた私は、ウットリとしていました。

要所要所で、停まってはオーナー達のJunior ZAGATO談義。
1300と1600はここが違うね。このパーツは今でも手に入る?など情報交換は大切な事ですよね。
目立つ車ゆえ、ギャラリーも集まりカメラに収めていました。
2時間あまりのショートツーリングでしたが、とても楽しいものでした。

24_large.jpgさて、三島の某所に戻り、BBQ大会。
富士山の溶岩で作られたBBQ台。なんとも言えぬ迫力です。
この溶岩、重さ4トンの重量。
これで焼いた食材の美味いこと美味いこと。
石板からの熱のパワーが凄い事と遠赤外線の効果により、食材の美味さを引き出しているのでしょう。
スペシャルゲストとして、漫画家の西風氏が遊びに来られ、いろいろな話を聞かせて頂きました。

27_large.jpg今回は、7台のJunior ZAGATOが集まりましたが、日本には40台あまりのJunior ZAGATOがいるそうです。
来年は20台を集めようと誓い今回の集まりを解散いたしました。

pagetop

13.02.07

新年のご挨拶とご報告

BLOG ブログ

Zagato Meeting 2012_集合.JPG
全国のZAGATOファンの皆様、今更ながら新年あけましておめでとうございます。
ブログを更新しないと!って思いながら、すっかり2月です。。。
最近ではインフルエンザと坊主頭が流行ってるようですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
個人的には、坊主頭の方が可愛いのではないかと思いましたが。。。あっちの彼も丸坊主が似合ってます。なんだか大流行の予感です。


ZMジュニアZ.JPGZMジュニアア2.JPG
まだまだイベントの報告が途中でした。済みません。
今回のイベントで特に目を引いたのが、ジュニアZの大集合でした。会場の駐車場まで合わせると全部で15台近く集まりまっておりました。しかも色とりどりです。
普段ジュニアZってイベントに行くと1台か2台ぽつりぽつりと目にする事もあるのですが、これだけの台数が一度に見れるのは、このイベントならではなのかもしれません。これは偏にJZレジスターの会長殿のおかげかと思っております。
でもジュニアZって、いつ見てもカッコいい車です。クラッシックZAGATOデザインの集大成ですね。アヴァンギャルドでありポップであり軽快な感じがします。是非これから自動車趣味を始めたい、若い人にも頑張って乗ってもらいたい車です。あくまでも個人的な意見ですが、若い男の子が乗った方がカッコいい気がします。僕もこの車を手に入れた時は若かったのですが、今では立派なオッサンになってしまいました。。。

ZMsz.JPGその次にたくさん参加いただいたのが、ES30SZ、RZの皆様です。ずらっと並んだ"怪物くん"はやっぱりZAGATOの中でも一際目立ちます。
この車のデザインはいつ見てもハッとさせられますね。もう一度挑戦したい最後のFRアルファロメオ。今時の車って感じですが、すでに発売されてから24年経過しています。24年って四半世紀ですからね!もう立派なクラッシックです。
個人的にはリアの四角い角張ったフェンダーラインが大好きです。カバーをかけると角がすぐにスリスリしますが。。。僕は、今は亡き最後のセリカのリアスタイルが、SZに良く似てると思いましたがオーナーの皆さんはどう思っているのでしょうか?

ZMその他.JPGそして、他にも今回も日本代表としてVM180ZAGATOとガビア、イギリス代表としてお馴染みアストンのZAGATOが居ました。
また、ランチアからはフルヴィア、そして2台のフラミニア、しかも初期型が並んで見応え十分でした。ノーマルな感じとレーサーな感じ。ステキでしたね!

とこんな感じで、イベントの報告はいったん終了とさせていただきますが、今年も年末あたりにイベントを開催するかと思いますので、皆さんご準備の方、よろしくお願い致します。
ZMフラミニア.JPG


●お知らせ
現在発売(2月1日発売)されているCG(カーグラフィック)に、昨年のZAGATOミーティングの模様がレポートされております。
カラー1ページの特集ですが、たくさん写真が載っていて、イベントに参加された方々は、ご自身のお車が写っているかもしれません。
皆さんも書店で是非購入してくださいね!

pagetop